1. 食べるスープ

    マーラータン専門店
  2. 06-6568-9697
マーラータンをもっと知る!
マーラータンをもっと知る!

Q1:麻辣湯のおいしい食べ方は?

A:麻辣湯は具材をスープで煮込む鍋物のようなものなので、いろんな具材をたくさん入れるほうが美味しくなります。慣れてきたらぜひ一度8種類以上入れてみてください。

Q2:おすすめの薬味は?

A:無限では薬味として豆板醤、黒酢、ニンニク、花椒、ゴマ油をご用意しております。
●ニンニクはどの辛さの麻辣湯にもよく合う人気の高い薬味です。
●花椒は挽き立てをご賞味いただけるよう、お客様ご自身がミルでガリガリと挽いていただけるようにしています。痺れがお好きな方はぜひ追加してみてください。
●黒酢は本場でもお馴染みの薬味ですが、風味が大きく変わるので初めての方は少しずつお試し下さい。
●ゴマ油は辛さ控えめの麻辣湯をご注文のお客様に特に人気です。
●豆板醤は中国でも有数の産地である四川省成都市ピー県のものを使用しております。コクがあり、そのままでも美味しく召し上がれます。

Q3:卓上の豆板醤を入れれば、2辛のスープが3辛になるの?

A:なりません。最初にご注文いただく辛さは、無限特製の手作り麻辣ペーストや手作りラー油で段階をつけております。卓上の豆板醤とは風味が異なります。

Q4:辛ければ辛いほど薬膳効果が高いの?

A:そんなことはありません。辛いスープの方が溶け込んでいるスパイスやハーブの量は多くなりますが、辛さの感じ方には個人差があり、無理して辛い物を食べることが健康的とは思えません。美味しいと感じる辛さで食べていただくのが一番と考えています。

Q5:初めてで注文方法がわからず不安です。

A:「どの具材を選べば良いのかわからない!」というお客様には、当店の人気具材6種を入れた「人気具材6種のマーラータン」をおすすめしております。 店員に「人気具材6種のマーラータンで!」と言っていただければ 、店員がスープの辛さなどを伺いますので、お答えいただくだけで注文完了です!

Q6:自分で選びたいけど組み合わせ方がわかりません。

A:ご自身でお好きな具材を選ぶ場合も難しいことは何もありません。「あ、コレ食べたい!」と思った具材をカゴに入れていき、選び終えたらカゴを店員に渡すだけでOK。あとは店員の方からお伺いしますので、注文したいスープの辛さなどをお伝えください。
「麻辣湯の楽しみ方」におススメの組み合わせなどを紹介しておりますので、そちらも参考にしてくださいね。
そのほか、わからないことがございましたら何でも店員にご質問ください。

Q7:主食は春雨と中華麺どっちが合うの?

A:どちらも合います。本場では春雨が主流ですが、当店では中華麺を選ぶお客様もいらっしゃいます。また、辛いスープはご飯にもよく合います。その日の気分によって変えてみるのも楽しいですよ☆

Q8:後から注文した人の料理が先に提供された!なぜ?

A:当店では具材によって煮込み時間を変えています。すぐに火が通る具材やそのまま乗せる具材(味玉、パクチー、チーズなど)を多く選ばれたお客様の麻辣湯が先に提供されることもあります。ご了承ください。

Q9:テイクアウトやデリバリーには対応していますか?

A:テイクアウトは可能です。使い捨ての丼に入れてお渡しいたします。スープがこぼれないように包装いたしますが、丼があまりに傾くと蓋が開いてしまうこともあり得ますので、なるべく水平に持っていただくようお願いいたします。

Q10:「無限」にはどんな意味があるの?

A:麻辣湯には組み合わせが無限にあること、また麻辣湯が日本でも無限に広がってほしいという願いを込めてこの店名を付けました。「無限」は日本人にも中国人にも読みやすく、同じ意味を持つ言葉でもあります。

Q11:なぜ「烫」でなく「湯」という字を使ってるの?

A:開業時、本来の「麻辣烫」という漢字を使うことも考えましたが、「日本人のお客様に読める」ということを優先し、意味は少々変わってしまいますが「烫」を類似の「湯」に変えました。 各業者さんや役所に対しても、「麻辣湯(マーラータンと読む)」を説明するだけで毎回大変なので、「烫」だったらどれだけ説明に時間がかかり間違いが起こっていたことやら…。日本にある漢字にしといて良かった~、と思っております。

ページトップへ戻る